専門的な業者に依頼をして葬式をあげよう

香典返しのマナー

知っておきたい香典返しのマナー

香典返しは通夜や葬儀でいただいた香典に対するお礼として贈る品物のことを主にさします。送る時期は「忌が明けてから(四十九日が過ぎてから)」贈り、喪主の挨拶状を添えるのが一般的です。最近では、通夜や葬儀当日に会装御礼の品と共に香典返しを持ち帰ってもらうことも増えています。香典返しの表書きの書き方は、地方や宗教によって異なる場合があるので気をつけたいところです。一般的には白黒結びきりの水引と、上段に「志」、下段に「施主名」といった形式で、宗教を問わず使用することができます。香典返しの予算の決め方としては、忌が明けてから贈る場合は、いただいた香典の半額程度を目安とします。葬儀当日に贈る場合は、いただいた香典の額に関わらず同じ品物を渡すのが一般的です。ただし高額の香典をいただいた場合は、当日渡した品物と合わせた額で香典の半額となるような品を、後日贈るとよいでしょう。

贈られてうれしいものと困るもの

香典返しを選ぶ際は、贈る品の意味と贈る相手のことを考えてから贈るのが良いでしょう。香典返しに適しているものには、故人を偲びながら飲むといった意味を込めて「お茶」や、不幸を洗い流すといった意味がある「石鹸」、白装束での旅立ちと慈愛の意味のこもった「砂糖」などが挙げられます。その他にも定番の品として乾物やお菓子、洗剤やタオルなどの日用品を贈ることが多いようですが、若い世代の方にはカタログギフトが人気があります。食器や、毛布などの寝具類は収納スペースに困ったり、個人の好みがあるので敬遠されているようです。商品券や金券などは贈った金額がはっきりとわかってしまうため、後々の付き合いを考えた場合、避けるのが無難でしょう。