専門的な業者に依頼をして葬式をあげよう

自然葬を望む人

自然葬を望む人が増えている理由

近年では、日本では散骨などの自然葬を望む人が増えている傾向にあります。純粋に死後は自然に帰りたいという希望を持たれる方も多いですが、その他にも色々な理由で自然葬を望む人がいます。その代表的な理由が、少子高齢化のために墓の管理ができなくなってしまうからです。昨今では、結婚しない人が増加したり、子どもを持たない選択をする人が多いです。そうした社会的な原因が一因としてあります。 その他にも、金銭的な理由で自然葬を望む人がいます。やはり親類などの葬儀をした後に、お墓を建てたり、維持するとなると、かなりの費用が必要となります。近年では、不況の影響で生活に困窮している人も多くいます。そのような方は、自然葬を希望する傾向にあります。

散骨を行なう方法とは

自然葬の中でも最も人気なのが、散骨です。これは、火葬した故人の焼骨を粉末状にした後、海などにそのまま撒く方法です。散骨を行うのに、特に役所に必要な届出や書類などはないです。 日本で行われている散骨の多くは、近海の海にお骨を返す方法が取り入れられています。その他にも、近くの川やヘリコプターで山林に撒く方法などもあります。親族一同で、僧侶が読経をあげながら散骨は行われます。 散骨を行うときには注意点があります。それは、自分の自宅の庭で行わないことです。もしも、散骨に不愉快な思いをされた近隣の方に訴えられたら、精神的な慰謝料の請求を求められる可能性があります。なので、なるべく自然にかえす方法を選択すると良いです。